力まない。とはどういうことか。(土)のクラス。

   

こんにちは。

さて、唐突ですが、

「力まない。」とはどういうことか、を考えてみたいと思います。

ちなみに、私は力む人です。

頑張って、ぎゅっと力が入っちゃう人です。

バレエなんかもそうだし、

生き方もそうです。頑張って頑張って頑張って、パンパンです。笑

ヨガのポーズはそれでも比較的力まないでできている(私の中では)方ですが、

それでも苦手なポーズは力が入ります。

苦手なポーズは..、そう、力む。

苦手意識がそうさせる場合もありますね。

防衛本能。無意識にギュッと力が入るわけです。

そして、例えば、ヨガのポーズにしろ、バレエの動きにしろ、

それができるだけの柔軟性、筋力、が備わってない場合、余計な力でカバーしようとして

(カバーできるものではないのに。)結果、力んでしまうってこともあります。

では、力まない為にはどうしたらいいか。

 

①ひとつは、力まないでできるだけの、それに必要な柔軟性、筋力を身に付けること。

(時間はかかります。)

そして、②、もうひとつは、今できること以上のことを、必要以上にやってみせようと思わないこと。

やろうと思うこと、努力しようとしていること、そのエネルギーを止めてしまうのではなく、

矢印は向かいたい方向へ伸び続けているけれど、

いい頃合いのところで、ちょうどいい加減で力を使うこと。

 

 

でも、矛盾するけれど、①の、力(柔軟性、筋力)をつけようとする時、

目一杯頑張って、頑張って、頑張って、頑張った先に、身に付く強さもある。

力んで、力んで、力んで、力んだ先にわかる脱力、があるのかもしれないんだよな~..

 

と、そんなことを、昨日のバレエのレッスンの自分を振りかえって、

そして今シーズン初の羽生くんのスケートをみて、考えたのでした。

羽生くんの特別、ファンではないのですが、

でも羽生くんのスケートは美しいですね。

回転、すばらしい。

私、回転が苦手だから、本当、すばらしいと思う。

でもその美しさ、強さの裏側は本人しかわからない。

こちらが見えている以上の遥かに強い強い努力があってこそ。

だから、きっと、力む。先に見えてくるなにかもあるのかもしれない。

でも、力む。だけで終わらせたら、発展はないから、力まない、力を探したいです。

そして、今週のクラスは、そんなことを注意してみながら進めたいと思いま~す。

 

と、1つ書いてなかった(土)のことを、サクッと。

(土)午前はホットヨガ2つ。

ホットヨガのクラスが減り、しかも幼稚園の行事などで代講も多く、ますますホットへ行く日が減ったので、

なんとなく、ホットへ行くのにアウェイ感を感じたり。笑

でも、行ったら行ったで、結構気持ちいいんですけどね。

嫌だな、という感情は常に自分自身が作り出している妄想ってことです。笑

 

で、午後は陰ヨガ。

力まない、最たるものが、陰ヨガですね。

だから、頑張り屋さんにこそ、受けてほしい陰ヨガです。

陰ヨガの静寂の中の脱力に、最初は身の置き所がない、と感じる人もいるかもしれませんが、

それが気持ちいい、と感じることができたら、

すごい、リセット力を発揮します。

1回では感じられないかもしれませんが、数回重ねると、きっと頑張っている自分からリセットされ、

新しい活力がみなぎる爽快感を感じられるはず。

ぜひ、なんどか続けて来てみてください。笑

dsc_4661.jpg

この日の陰ヨガは、もう何回か陰ヨガに出ている人達なので、

すばらしい静寂の中で脱力~してましたよ。笑

 

ってことで、先週の(土)の様子と、長いつぶやき、でした。笑

 

さて、今週もお天気すっきりしませんが、

ゆるゆる、程よくがんばっていきましょ~。

 

では!

 

 お問い合わせはこちら

 - ヨガクラスの様子。