お知らせ ヨガクラスの様子。

月フェスについて.8/28(水)29(木)のヨガクラス

投稿日:

こんにちは。

9月になりましたね。

朝もさらに涼しく秋らしい空気感の9月の始まりです。

さて、9月のスケジュールにあります、月フェスについて、

これは一体なんですか?と気になっている生徒さん、多数。笑

ちょっと説明をしたいと思います。

 

月フェス ―フルムーンナイト―

9月13日(金)権堂にある古民家ダイニングバーGOHUKUさんにて

19:00~22:30まで満月にちなんだイベントが開催されます。

イベント内容は

月明かりマーケット、月の振る舞い酒、月の女神に変身フォトスポット、などなど

その中でima*yogaでムーンライトヨガを行います。

 

ムーンライトヨガ。

外でやります。

満月の下で行うヨガです。

(厳密に言うと満月は9/14なんですが、13日もほぼ満月ってことで!笑)

 

まわりでマーケットやフォトスポットや、

たくさんの人達が行き交うスペースの一角で行うのですが、

スペースもそんなに広くなく、マットひいて4枚。

こんな感じ。

緑の線が実際のスペースの大きさです。

現地に行ってみて、まわりとのスペースの兼ね合いで

圧迫しているように感じたら、マット3枚にするかもしれません。

4枚でキツキツって感じなので。

 

で、つまり1回4人もしくは3人しかできないんですが、

普段のクラスみたいに1時間ちょっとみっちりやる、というのではなくって、

イベントに来た人達がフラりと立ち寄ってちょこっとヨガやっていく(体験していく)って感じの

いつ来てもフラりとできますよ、って感じで時間の間やっててください、

というのが主催者側の要望なので、

そんな感じです。

笑。

ざっくりした説明、わかりますか?笑

 

私としては、最初、月にちなんで、ということで

月礼拝なんかやっちゃたりして!と思ってたりしたんです。

月礼拝。これ。

わかりにくいですね。笑

普段クラスでやっているのは太陽礼拝。

私は太陽礼拝のポーズ1つ1つを細分化してゆっくり細かくやっているので

途中に太陽礼拝以外のポーズやエクササイズを入れたりしてますが、

まぁ、いつものが太陽礼拝だとして、

月礼拝というのはあまり馴染みのないものです。

(以前は満月の日とかにクラスでやったこともありました。)

 

私は太陽礼拝よりも、月礼拝の方がずっと難しいと思っています。

だから、イベントでフラりと来た人達にいきなりやって

果たしてできるのか?!とも思ったもので、

やるかどうかは、どんな人が来るかによって決めようと思います。

 

つまり、ぶっつけ本番のライブ感満載で、

その場に居合わせた人にあわせて、

月の下でやる、ヨガ、って感じです。笑

 

まったくヨガ初めての、動けない人が来たら、

ひたすらゆるく、

ちょっとこんなの教えてほしいって人がきたら、

私ができるものだったら、その場でレクチャーしてもいいかもしれない。

 

普段来ている生徒さんが来てくれたら、

いつものクラスとは違った感じで月礼拝やっちゃうかもしれない。

 

そんな感じ。笑

 

時間はまぁ、20~30分位。

誰もその後集まりそうになかったら、

要望によってはもう少し長くやってもいいかもしれない。

 

なんといっても、出たとこ勝負で。笑

 

そもそも人が集まってくれるのかもわからない。

たぶんイベントそのものにはたくさん人が集まるでしょうが

その人が行き交う中で、ヨガマットの上に座ってくれる人がどれだけいるかが

まったく予想がつかない。笑

 

誰かがやってくれたら、あ、私も!ってなるだろうけど

誰も遠巻きに見ているだけだったら、

ちょっと勇気なくって近くにこれないかも?

 

しかも私呼び込みとかって、苦手だし。笑

 

ということで、生徒の皆さんは、ぜひ冷やかしでもいいので

(いいのか?笑)

この日(金)夜のクラスないので、遊びに来てみてください!

盛り下がってたら、私を助けてー。笑

 

ちなみに、マットはこちらでひくので手ぶらでオッケー。

お金もお気持ちで、という方式なので

無料でもオッケー、いくらでもオッケーって感じです。

 

よろしくお願いします!

 

8月28日(水)のヨガクラス。

(水)午前はスローフローヨガ。初めてさんがいたので控えめに。笑

月フェスの告知だけで終わりにしようと思ったけれど

午後一のプライベートがキャンセルになったので

クラスの様子のことも書いちゃおう。笑

 

先週の(水)のクラス。

先週はずっと腸腰筋を鍛えるシリーズで超キツメでしたが、

この(水)はヨガ初めての方が来てくれたので

その腸腰筋シリーズは封印しておきました。笑

初めて来てくれた方は、

息子と同級生のママさん!

私、お友達がいないので(え!笑)

私の知り合い、お友達がここに来ることはほぼないので

珍しいパターンです。笑

 

さらに、ちょっとお久しぶりで動けるかなー、と心配しながら来てくれた生徒さんもいたので

封印したちょいやさしいクラスは丁度よかったかも。

 

とは言え、小さい腕立て伏せはやったし、

ランジ↑もやったし、

そもそもがゆっくりジックリなのは変わってないので

使っていない筋肉にはダイレクトにブルブル効いたと思います。笑

 

ヨガって今までに使ったことのない筋肉を使いますね、

というのはよく言われることです。

実際に、普段つかっていないところを使っているっていうのも事実だし、

でもそれ以前に、普段が使っていなさすぎる、ってのも事実です。

 

キツいことは嫌われますし、

実際に、途中まで頑張って来ていたのに、来なくなる生徒さんを見たりすると

ああ、キツすぎるのかなぁ、と心が揺れることもあります。

 

でも、キツすぎる、というよりも

私たち現代人が弱すぎるのだと思いますよ。

 

便利で、簡単で、楽して、省略して、

心は大事にするけれど、

体はどうなの?

って思います。

やさしくするだけが、優しさなの?

 

世の中、体の不調を訴えている人が多いのはどうしてでしょう。

肩が痛い、腰が痛い、膝がいたい。

眠れない、太りすぎる、頭が痛い。

どこかどこか、健康じゃないのはどうしてでしょう。

 

楽ばっかり求めている代償だと、

頑張りどころが間違っている代償だと、

そう思うんですよね....

 

動かないと衰えます。

動かないと、滞ります。

本来動くところが動かなくなっていいことは何もない。

だから、運動しなきゃダメなんです。

 

ああ、気持ちいいね、程度の運動じゃなく

キツいね、って位やらなきゃ、動かしているうちに入らないんです。

 

まぁ、語っていると長くなるので(十分、長い)

ちゃんと運動しよう、って思ってくれる人が増えるといいです。

習慣になる人が増えるといいです。

習慣にしている人とそうじゃない人の差は

年をとればとるほど、ハッキリ出てきますよ!

 

(水)プライベートレッスン①肋骨復活。

前回のレッスンで(8月初旬)、肋骨を負傷していた生徒さんです。

結局、肋骨は骨折もしておらず、ヒビも入っておらず、

痛みもその後ひいたということで大丈夫だったとのこと。

(あ、ヨガで負傷したんじゃなく、

自宅でワッサーの種を取っていた時に負傷。笑)

 

でもまぁ、ちょっと間もあいているし、今日はゆっくり行くか!

って始めたプライベートでしたが、

冒頭はゆっくり、

中盤からは、クラスでやっていた腸腰筋鍛えるメニューをガツンとそのままやっちゃいました。笑

ぜんぜん、ゆっくり行くか!じゃない。笑

細いながらも強い生徒さんなんですけどね。

腕が、腕が、と悶えていました。笑

腕じゃないんだ!

上腕二頭筋や三角筋だけで支えるんじゃない。

 

普段のクラスもそうだし、

私自身も上半身、肩関節まわりが弱い人なので、

四つん這いで正しく自分を支える力から、もっともっと育てていかなきゃいけないな、

って思いました!

 

(水)プライベートレッスン②あがってきた!

(水)ふたつ目のプライベート。

先週のレッスンで、変化がハッキリみえた生徒さん。

この日も絶好調。

一度、変化が見えるとそこからはさらに飛躍していくものです。

自分の体でわかる、

あ、ここだ、とか

あ、やりやすくなった!とか

体で感じられると、変わっていけるのです。

この生徒さんはまさに今、そこにいます。

 

あ、ここだ、

に行き着くには、

日々の継続した積み重ねしかありません。

すごく繊細に、どこをどう使っているんだろうと

頭でも考えながら、

体でも探りながら、

そうやって、日々日々、繰り返しやっていって、

初めてある日突然、そこだ!ってわかる日がくるのです。

 

すごくすごく細かい作業だし

すごくすごく根気がいることです。

 

だいたいの人はもっと大雑把で、こんな感じ?って位の感覚で

時々気が向いた時に、

はたまた始めは頑張るけど、すぐに続かなくなる、

でもまた思い出して頑張ってみる、

でもまた休む、

ってのを行ったり来たりしているから、

なかなか、あ!っていう変化に行き着かない。

 

すごく細かな小さいこと、地味なこと、見映えのしないこと

それらを日々日々繰り返して、やっとできるようになるのです。

 

それができるか、続けられるか、も

ある意味、適性だし、才能だと思います。

頑張ってきた生徒さんが、「あ!これだ!」に出会えてすごくうれしい。

ここから落とさず、さらに積み上げていこうと思います!

 

8月29日(木)のヨガクラス。

(木)プライベートレッスン。前ほど痛くない!

長くなっているけれど、もうひとつだけ。

(木)夜に特別プライベートレッスン。

(日)(木)と今のところ週2回プライベートに来ています。この日は4回目。

内容は前回8/25(日)とほぼ同じ。

ひとつひとつのポーズ長さを少し長くしました。

だいぶ慣れてきて、前は伸ばすと痛かったところが痛くない!と言っていました。

 

「痛み」ってのは扱いが難しいもので、

この前も東京に行って勉強してきたのですが(8/23)

 

4月7月8月と3回講座を受講していただいた修了証書。

ヨガと怪我に関する講座でした。

 

痛みって、それは危険だよ、と病気や怪我を知らせてくれる痛みと、

単に運動不足で今まで使っていないところを使ったから出てくる痛みと

大きくわけて2つあって、

それを一緒にしてはダメだってことです。

 

人は「痛い!」ってなると、

すべて①の危険だよ、の痛みだと思ってやめてしまうけど、

危険だよ、じゃない痛みも結構多くあるのです。

それをどっちがどうだよ、とここで言葉で説明はできないので

省きますが、

 

「痛い!」といういう事から踏み込んで、

痛くてもやって、始めてストレッチされたり、強くなるものは

数多くあるのです。

 

これは自分自身の体についてもすごく考えさせられます。

痛みを押してまでどこまで踏み込めるのか、

踏み込んでいってもいいのかの判断は、

これまたスキルのいることですが、

自分の体は、自分の体なので、

もっともっと、踏み込んで、そのスキルをも磨いていかねばな、と思いました。

 

で、

この(木)のレッスンでは、

もちろんまだまだ初心者だし、慣れていない体の動きもあるので

ガッツリ踏み込むわけじゃないですが、

でもこの生徒さんの中においては、ガッツリ踏み込んだ、ちょっとキツいこともやっているわけで

だけれど、その痛い!が怪我じゃなく、

必要な通過儀礼の痛みだからこそ、

4回目を迎えたこの日、あれ、あんなに痛かったの痛くない、に変化したのです。

 

痛みを押してでも、その先へ行くときがある、

ってのは、すごく慎重に、大事にしていこうと思っている部分です。

 

1歩越えたら、また1歩先へ。

今日もこれからその生徒さん達(2人で受けられてます)のレッスンですが

探り探り、先に進んでいこうと思います。

 

ってことで長くなった!

月フェスの告知と、(水)(木)の様子でした!

 

また、明日の昼間、9/2(月)~のクラスと予約状況をアップしまーす!

では~!

 

 

 

-お知らせ, ヨガクラスの様子。
-, , , ,

Copyright© ima*yoga , 2019 All Rights Reserved.