ヨガクラスの様子。

プライドが邪魔しているよ。4/12(金)のクラス。

投稿日:

こんにちは。

今週はお天気がよく気温も高い日が多そうです。

長野市の桜も一気に咲きそうですね。

さて、早速、滞りがちなブログから進めていきましょー。笑

 

4月12日(金)のクラス。

 

(金)午前はママヨガ。悶々としないでリフレッシュ!

先週(金)のクラス。

新しいママさんが来てくれました!

今月で1歳になる女の子。

最近は、不思議なことに男の子のママさんが非常に多く、

この日もこの女の子を除いて全員男の子!

 

1歳のボーイズ君達、それぞれに、それぞれでした。笑

ママから基本離れない子、

最初はママにくっついていたけれど、だんだん調子があがって

自由に遊び始める子、

最初は調子よかったのに、だんだんママを困らせる子、

いろいろです。

 

そんな中、初めてきた女の子は始終、マイペース。

人見知りもしない、後追いもしない、たんたんと遊ぶ。笑

 

男の子、女の子の違いもあると言えば、あるし、

でも女の子でもママベッタリの子もいるし、

もうこれは、その子の性格次第。

何がいい悪いではなく、

まぁ、まだ生まれて1年足らず、

こちらの大人側の事情通りにいかなくたって、

当たり前と言えば、当たり前でしょう。

 

時にポーズを中断しなければいけないこともある。

他の子に手を出さないか、ハラハラ見守る場面もある。

でも家で子とふたりきりで悶々とするよりは、

親も子も、はるかにリフレッシュできる時間になると思います。

 

親も子も、回数を重ねることで、

だんだん場の雰囲気にも慣れてきます。

 

だんだん出歩きやすい季節になってきましたし、

家で悶々としているママさんがいましたら、

ぜひ、ママヨガに来てみてくださいね!

 

(金)午後はスローフローヨガ。日々のちょっとした積み重ね。

午後のクラス。

この週(月)のアロマにも来た生徒さんが、ふたたび来てくれました。

もう一人は半年ぶり!

(月)に来た時に、

ランジはただ耐えるのではない、と話したから、

苦手なランジをただ耐えるのではなく、

自分なりにどうしたら正しい位置になるのか、

考えながらやっているのが、わかりました。

素晴らしいですね。

かたくなに自分を押し通すのではなく、

素直に聞いてみる、やってみる、ってすごく大事なことです。

 

半年ぶりの生徒さんは、

半年ぶりと思えないほど、とてもよく動いていました。

すごいねー、と終わってから話したら、

ヨガには来ていなかったけれど、

日々、隙間時間に体動かしていました、と。

例えば、コーヒーを落としている数分をつかってスクワット、とか

本当に、隙間隙間に動いているとのこと。

これまた、素晴らしいです。

 

時間がない、時間がない、とみんな言うけれど、

時間はみんなないもの。

黙ってても時間なんて生まれてこない。

時間は見つけ、作り出すものです。

 

 

クラスをやっていると日々思うのです。

そして日々自分自身が動いていて思うのです。

 

ヨガが(に限らないけど)続かないのは何故だろう。

結果が出ないとすぐに諦めてしまうのは、何故だろう。

 

結果ってそんなにすぐに出るものかな?

そして、自分が思うような結果が出ないと感じるならば、

思う結果を出すために、どれくらい、何をしたかな?

 

せめて、毎週1回、欠かさずに通ってみたかな?

その1回1回を精一杯体つかって、100%力だして頑張ってみたかな?

 

毎週これなくても、自分のペースでいいですよ、

とは言うけれども、

なにか叶えたい望みがあるのだとしたら、

最低週1回は必要だとは思うのです。

そして、最低週1回にプラスして、日々、自宅で体動かす時間も、

本当は必要なのです。

だって、体ってすぐ忘れちゃうから、

すぐ元に戻ってしまうから。

だから、変わりたかったら、毎日やらないと、本当はダメ。

 

毎日1時間クラスと同じようにみっちりやらなくてもいい。

さっきの生徒さんのように、隙間時間に自分に必要なものをチョイスして

日々積み重ねていくのです。

 

何をやったらいいかわからないというのならば、

毎週1回クラスに欠かさず通っていれば、

私のクラスは、特に冒頭のほぐしの部分なんかは

毎回ほぼ似たようなことをやっているので、

やることは嫌がおうでも覚えると思うのです。

そうやって、日常の凝り固まった体を、ほぐすだけでも毎日続けてみてもいいし、

そこから慣れてきたら、もっと筋トレ要素のある動きをプラスしてやってみればいい、

 

努力せずに、

なにもせずに、体が変わることは、絶対ないから。

 

あとは、変なプライドは捨てることです。

 

ここに来ると、私のクラスは動きがすごくゆっくりだから、

意外とこれまで結構動けると思っていた人も、

できない自分に遭遇する場面ってあると思う。

 

前からいた生徒さんをみて、

あんなに安定してポーズがとれない、と落ち込むこともあるかもしれない。

 

でも、それって、つまらないプライドです。

 

もともと体の線がきれいな人とか、

すごく運動能力の高い人とか、

「あんな風には動けない。」

って、どうして、そこにとらわれるのでしょう?

 

別に人は人、

そして、思ったよりうまくできない自分を発見したとしたら、

落ち込む必要はない、

まだまだできる伸びしろがあったんだ、と思えばいいのに。

 

できないことは格好悪いことではない。

格好つけて、

へんなプライドに囚われていると、言い訳に走ってしまいますよ。

 

腰が痛いから、

仕事が忙しいから、

○○が忙しいから、

全部、言い訳です。

事実かもしれないけれど、

やる時間がとれないことの理由にはなりません。

 

変なプライドを捨てて、

言い訳をせずに、

日々向き合っていかねば、

努力しなければ、

 

柔らかくもならないし、

姿勢もよくならないし、

体はしまらないし、

痩せだってしない、

健康にだってならない。

 

この前もネットの見出しで「ヨガなら簡単に無理なく体はしぼられる!」

ってみたけれど、

そんなわけないだろう!

ねっころがって、ねじりのポーズをしたからって、

ウエストはくびれません。

 

簡単、簡単、簡単の幻聴に惑わされずに、

マジメに努力してくれる人が増えればいいのに、

って思います。

 

(金)プライベートレッスン。しゃべって終わり!でも課題は出した。

おそろしい事にこの日のレッスンは、しゃべり通して終わってしまいました。

雑談もしたけれど、

体のことも一杯話したから、結果オーライ、かな?笑

宿題も出しました。

毎日やってくれているかな?笑

 

もう5年近く通ってくれている生徒さんだけど、

一度、仕切り直しで、1からやっていこうと思います。

 

この生徒さんも一見動ける、スタイルもいい。

でも、本当にやるべきところは、着手せぬまま、いい気分の上滑りできてしまっていたのかもしれません。

(もちろん、身になっているものもたくさんあるよ。)

 

人は見映えのする、ちょっと難しいことを頑張りたがるけれど、

本当に必要なことは、

そんなに難しいことではなかったりします。

 

簡単だけど、地味だけど、

足りていないところ、

そこを時間をかけて、焦らずにゆっくりやるべきだと思いました。

 

簡単なものほど、難しい。

すべて、コレだと思います。

 

(金)夜はスローフローヨガ。久しぶり!

さて、途中語りすぎて長くなってますが、笑

夜のクラス。

お久しぶりさんが何人か。

だからゆっくりやりました。

先週はほぼ、アロマもスローフローも同じレベルでしたね。

 

2月に転居した生徒さんが、

少しだけ長野に戻ってきてたので、久しぶりに来てくれました!

毎週毎週、ずっと通っていた生徒さんだから、

久しぶりに来ても、もう毎週そこにいたかのように、馴染んでます。笑

 

パールシュボッターナ。

前足の膝が痛くなったらアウトです。

痛くなったら、使い方が間違っています。

痛くならないようなところで、自分のペースで、

ではなく、痛くならない為に、使うべきところを使って、膝を守ってあげるやり方をするのです。

 

痛みや、やりにくさ、そしてキツさも

自分自身にフィードバックを与えてくれます。

心地よくないものには原因がある。

その原因をよく考えてみることが大事です。

痛いからやらない、

キツいからやらない、

ではいつまでたっても育つべきところが、育ちません。

 

最近、必須のアルダマッチェンドラ。

意外とねじれる自分、意外とねじれない自分、

それぞれにあると思います。

ねじれない自分がいたとして、

後ろまでむけない自分がいたとして、

できないから、ここ止まり、では成長しません。

今すぐにはできないかもしれない、

でも向かうベクトルは、向かうべきところへ向いていないと

できるようになりません。

 

そう考えると、「あなたの、心地よいところで」

は決して、あなたの為にはならないかもしれません。

 

また話が長くなってしまうけれど、

昨日もバレエのレッスンに行った時、

 

「何年やっても上達しないのよね。」

「でも、私はもう年だから、無理はしないようにしているの。」

 

もし、バレエ仲間の人が読んでいたとしたら、

ごめんなさい。

私は、つっこんであげた方がいいのか迷ったけれど、

やめてしまいました。

語ると長くなるし、

求めているものは人それぞれなんでね。

 

上達したい。本当は。

でも、無理はしない。

 

すごく矛盾しているんですよ。

 

ヨガに来ている人も同じ場合があるけれど、

 

上手になりたい。

でも無理はしたくない。

 

ヨガして健康になりたい。

でも嫌なことはしたくない。

 

今、できない、と思っていることの原因を作ったのは何ですか?

楽なことに逃げているところがあるから、

足りない部分ができていったのではないですか?

 

今と同じことの繰り返しなら、

今と同じ域から脱しないで、無理はしたくない、

と思っていたら、

今を超えることはありません。

 

すごくすごく思います。

なかなか届かない、

難しいですね。

 

ということで、しつこくなりました!

ごめんなさい。

 

さてさて、晴天の今週、このしつこい私に会いにきたい人は、ぜひお待ちしてます。笑

今日は夜からアロマヨガです。

今週はオーソドックスに、前屈に特化していこうかな、って思ってます!

 

では~!

 

 

 

 

-ヨガクラスの様子。
-,

Copyright© ima*yoga , 2019 All Rights Reserved.