内にむかう意識、外にむかう意識。(火)のクラス。

   

こんばんは。

寒いですねー。

秋というより、夜なんかは初冬って感じ!

さてさて、今日はふっと思ったことがあったので、冒頭から語ってみたいと思います。笑

内側にむかう意識と、外側にむかう意識。

どちらが自分の中で強いですか?

って、いきなり何のこと?って感じですが。笑

今日のプライベートレッスンが終わった後、生徒さんとお話している中で、

「よくヨガは無になれるから気持ちがいい、って言うけど、その無になるってのがわからない。」

と、言いました。

たしかに、この生徒さんはヨガをしている間、意識が外にあるなぁ、と感じることもしばしば。

それをどうしたら、もっと自分自身の内側に意識をむけられるか、それはこの生徒さんへの私の課題でもありました。

 

このポーズがきれいにとれているか、どう人から見られているか、などなど、外へ向けた意識の方が強くなると

きっと意識が散漫になり、集中できず、無にもなれないし、

もしかしたら、すっきりして気持ちがいいって感覚もあまり得られないかもしれません。

それよりも、今、自分がここが伸びていて気持ちいい、とか

このポーズは前はキツかったのに、今日はなんだかいつまでもこのまま呼吸し続けていられそう、とか、笑

ポーズのカタチを外からみて(目で見て)チェックするのではなく、

自分の感じ方でとらえた方がずっと自分の中へ集中していけるし、気持ちがいいはずです。

目で見てチェックもたまにはいいけど、

自分の意識を繊細に研ぎ澄ませて、体の奥底や感性で感じた方がずっと確かで、気持ちがいい。

ヨガは自分自身との対話。

自分の心と体を繋ぐもの。

 

そして、どうしたら生徒さんの意識を自分自身へと持っていけるか、

もうこの生徒さんとのお付き合いは2年以上になるのに、その答えはここにありました。

 

私自身の意識が内ではなく、外へ向けること。

私は自分自身の内側へ入っていくのは得意です。

自己分析なんかも大好きです。笑

でも、外へ向ける意識は苦手だったりします。

インストラクターとしては致命的です。笑

もう一言、つっこんだことが言えない。

思っていても指摘してあげられないことがあったりする。

それは今それを言うことで、傷付いてしまったらどうしよう、

イコール、それによって自分がイヤな人と思われたらどうしよう、って

外に向けられた意識のようでいて、実は自分自身への護りの姿勢、めっちゃ意識は自分にいっているってことです。

でもこうやって、ちょっとつっこんだ会話をしたことで、

生徒さんが長年思っていたわだかまりを知るきっかけになり、

それを話すことで、わだかまりを溶かすきっかけになる。

そう思いました。

 

ああ、ちなみに、つっこんだ会話、って

なにも粗を探して突っ込むってわけじゃないですよ。笑

でも、今、それを言うことで、よい方向へ変われるきっかけになる時は、

恐れず、私も口に出してみようと、今更ながらに思いました。

 

内にむかう意識、外にむかう意識。

自分をみる、人をみる。

インプット、アウトプット。

その時々。どちらも大切ってことです。

 

ちなみにちなみに、動きにも内へむかうエネルギーと、外にむかうエネルギーがありますね。

内側へコアへ、グッと引き寄せる力、外へ遠く遠く伸ばしていく力。

戻す力。出す力。

動きでは(ヨガもバレエも)私は、外へ出す力の方が得意だったりして。笑

 

さてさて、長くなってしまってますが、サクッと今日(火)のことを。

(火)午前、スローフローヨガ。

1か月ぶり、2回目の生徒さんも来てくれ嬉しかったです!

忙しいシフトの中、週に1回は来ようてしてくれている生徒さん達もいるし、

もう毎週ほぼ休まず来てくれている生徒さんも。

カーテンDo時代から来てくれている生徒さんは、ヨガを始めて2年半近くでしょうか?

今日、最後のウパビシュタコーナ(開脚前屈)でビックリするくらい、体が柔らかくなったと感じました。

カーテンDo時代は「カラダが硬くてもはじめられるやさしいヨガ」ってクラスに通っていた生徒さんですからね。笑

脚の開く角度も広くなったし、背中をすっと伸ばして前屈する深さも深くなりました!

すばらしい!続けるってすばらしいですよ~!

20161011_122005.jpg

ウパビシュタコーナの前の立位の開脚前屈。プラサリータ。

今、自分が硬いな~って感じている人も、ながーい目でみていきましょう!

絶対、変われる!

 

午後はやさしいヨガ。

妊婦さん1人と、ゆるやかにヨガをしたい方達と。笑

今日は寒い日だったので、足先もよくほぐしたりしてゆったり、まんべんなくカラダをゆるめていきました。

やさしいヨガ。

でも時に力強い立位のポーズもします。

dsc_4694.jpg

ヴィラバドラアサナ2(ウォーリア2)戦士のポーズです。

でもダウンドックでつなぐフロー形式ではないので、キツくはないですよ~。

ポーズをとっている時間は長いかもしれませんが。笑

(いやスローフローも結構長いか。笑)

 

この後はさっき冒頭で書いた、プライベートレッスン。

そうそう、今日はもう一つ、気付きが。

肩に力がはいりがちな生徒さん。

肩と耳を遠ざけて首を長く、といつも言いますが、

今日はいくつか首がすっと伸びたポーズもありました。

本人も、呼吸がいつもより楽になった、という気付きがあったのが嬉しかったです!

そう、肩にぎゅっと力が入っちゃうと、きっと呼吸も吸えているようで吸えていない。

吸えないから、吐けない、で、呼吸が苦しくなっちゃう。

でも、自分のなかで気付けた瞬間があったのなら、それをどんどん増やしていけば、もっと楽にポーズがとれるはず。

まだまだ変わっていけますよ~。

 

ってことで、連休あけ(火)の様子でした~。

連休あけ初日、早く寝て、今後の体力を残しておかなきゃ。笑

では、また!

 

 

 

 お問い合わせはこちら

 - ヨガクラスの様子。